fc2ブログ
01 «  2024 / 02  » 03  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29.

現地検証報告(その1・Twitter編) 

 2010/05/08 Sat 17:28:17  E d i t
こんにちは、アジアモービルワークスです。

4月下旬、久々に中国へ足を運んできました。

中国専門を謳う業者ですから、現地の状況を時々は確かめてこないと…

特に、Google問題やTwitterがこんなにメジャーになってからは初めてでしたので、色々と確かめることが多く、滞在時間の半分以上をその検証に割きました。

私共の3Gデータ通信モデム、そしてモバイルWiFiルーターを使用して、ノートPCとiPhoneで検証しました。

まずはTwitterですが、情報が行き渡っている通り、正面から堂々と繋ぐ場合は100%遮断されます。

普段慣れているTwitterクライアントのHootsuiteやTweetdeck、そしてブラウザーでTwitterサイトに直接繋いでも、軒並み遮断の憂き目に遭いました。なかなか完璧なブロックです。

Twitterに関しては、直接アクセスしないクライアントやサービスを使用するか、自分でプロキシを設定して直接Twitterにアクセスさせない形を取る以外にありません。

前者のツイッターに直接アクセスしない方法であれば、モバツイ、guomin.us、twa.shの迂回策がOKでした。特にguominは、中国語ですが、画面が整然としており、PCなら非常に使いやすいです。

9月1日追記)
当局のブロックが強化された結果、goumin.us辺りの回避サイトも遮断の憂き目にあっている様です。大げさにサイトで案内をすると、その情報を当局も見ることができるためと思われます。その代わり、雨後の竹の子の様に、次々と「回避サイト」が生まれているので、ツイッターなどで最新情報をアップデートされることをお勧めします。特に、中国在住日本人の方がどんなクライアントやサービスを使っているかに注目してみるのも一つの方法です。

ソフトバンク(iPhone)の海外パケットし放題には、きつい規制がかけられていないという情報が多数です。

また、広東省内の一部ホテルでは、自らVPN設定をし、宿泊客のために当局による規制を回避してくれるサービス業の鏡の様なホテルも存在します。


iPhone(現地回線)で使用するなら、imovatwitterを利用すれば大丈夫でした。ただ、モバツイを普段使っていない方は、使いづらいかも知れません。

注意しなくてはいけなのが、bit.lyなどの短縮URLはほぼ完璧に開けないことです。

たとえTwitterが使用できても、短縮URLがダメであれば、その便利さは半減するでしょう。

回避策になるか分かりませんが、gouminで開くと短縮URLと平行して元URLも表示してくれる場合があり、そこをクリックすれば飛んでくれたため、かなり助かりました。

iPhoneでは、アプリ内にVPNを設定できるTwitBirdを以前使っていたので、これにプロキシを設定して使用するやり方が一番現実的ではなかったかと思います。なお、プロキシをかませたTwitBird使用の場合、画像はmobypictureを選択すると上手く通るようです。

あくまで、たった数都市で検証した結果であり、他の都市では違った結果になっている可能性もあります。

また、今のところの状況であり、何時潰されるか分かりませんので、渡航前には最新情報を拾って行かれると良いかと思います。

拙著記事も参照下さい。 (現代の上有政策、下有対策)

次回は現地検証報告その2です。

現地最新情報 |  -- trackback  |  -- comment